返済額を抑えるためには借り換えも重要

「住宅ローン」はマイホームを購入しようと思ったら、多くの人が利用しなければならないものです。
昨今の景気の悪化などや金利負担の増加などにより、「住宅ローン」の返済額を少しでも低く抑えたいという人も多いのではないでしょうか。

 

そういった場合のひとつの解決策として、「ローンの借り換え」という方法があります。
「ローンの借り換え」とは、簡単に言ってしまうと、今借りている金融機関とは別の金融機関からお金を借り(ローンを組み)、今借りている金融機関に全額返済して、新しい金融機関に毎月ローンを返済するということです。

 

手数料などの諸費用を除いて、単純に考えれば、金利が安くなった分だけ、「住宅ローン」の返済額が減少することになります。
実際には、借り換える際に諸費用が掛かりますので、その分も含めたシミュレーションが必要ですが、それでも安くなるのであれば問題はありません。
「ローンの借り換え」は公庫から民間の金融機関、民間の金融機関から別の民間の金融機関で行うことはできますが、民間の金融機関から公庫への借り換えはできないので、その点は注意が必要です。

 

現在では、各金融機関が低金利競争を繰り広げておりますので、こういった背景を機会に各金融機関の金利を比較するなど「借り換え」を検討してみてもいい時期ではないでしょうか。

住宅ローン借り換えについて関連ページ

住宅ローン金利について
住宅ローンに関する基本的な情報を掲載。
住宅ローン諸経費
住宅ローンに関する基本的な情報を掲載。
金利は固定か変動か?
住宅ローンに関する基本的な情報を掲載。