住宅ローンの気になる金利について

住宅ローンを組むさいには必要条件があり諸経費等がかかります。
そして月々に支払う元金の他に金利を払い続けていかなければなりません。

 

例えば25年で1000万円のローンを組むとしますと条件を満たしたとして、ローンを組むさいの手数料+1000万円+ローン完済までの金利+その他諸費用がかかる訳ですが、その支払うトータル金額をいかに少なく済ませるがポイントになってきます。

 

現在、変動金利では1%切る所や1%台の所、2%台の所が主流となっています。今は低金利時代でずっと推移していますから一番金利の低い変動金利が人気が高いといえます。しかし、まんがいち金利が上がってしまった時は変動金利も上がってしまいますから、ずっと同じ金利という訳ではありません。
安定志向の方は長期で同じ金利で計算する方が望ましい方もいます。そうなると固定金利を選ぶわけですが、固定金利も2%台の金融機関が沢山あります。3%台も多いですね。

 

長く長期で借りたい方はフラット35も良いかもしれません。最長35年まで組めますし、殆どの金融機関で初期の手数料と繰り上げ返済の時の手数料が無料になっています。長期で組んで、100万単位でこまめに返済を考えている方に適しています。

住宅ローン金利について関連ページ

住宅ローン諸経費
住宅ローンに関する基本的な情報を掲載。
住宅ローン借り換えについて
住宅ローンに関する基本的な情報を掲載。
金利は固定か変動か?
住宅ローンに関する基本的な情報を掲載。