住宅ローン人気ベスト3はここ!

人気の住宅ローン商品をランキングで紹介!

住信SBIネット銀行のメリット

ネットバンク「住信SBIネット銀行」の住宅ローン。金利水準は全銀行の中でも最低水準。
やや審査が厳しい他、すべての手続きはインターネット&郵送のみで行う必要があります。

 

 

新生銀行のメリット

新生銀行が提供している住宅ローンサービスです。最大の特徴はその金利の低さです。2011年8月現在の金利は変動金利で1%を切る水準となっています。
変動金利住宅ローンを検討されている方には一番にお勧めできる住宅ローンです。

 

 

 

楽天銀行 フラット35のメリット

楽天銀行 フラット35の住宅ローンは、低金利のローンに加え、店舗による充実したサービスや、病気に対する特約、繰上返済手数料無料など金利・コスト・保障面でも充実したラインナップとなっています。

 

 

 

住宅ローンの基本知識

家を購入する場合、住宅ローンはマイホーム購入者にとっては、物件選びと同じくらいに非常に重要なポイントですよね。
物件を購入する場合、20年、30年といった長い先の期間まで利用を考える必要が有ります。しかし、住宅ローンもやはり20年、30年といった非常に長い期間関わりのある重要な問題なんです。さらに生命保険や火災保険までしっかり掛けるので、まさに人生を掛けているんです。

 

住宅ローンには、大きく分けると住宅金融公庫を中心にした公的融資・民間銀行の住宅ローンの2種類に分別されます。
それぞれにメリットデメリットはありますが、現在は公庫と民間銀行が競合しているケースも多くなっています。
一部少しう商品もありますが、一般的に公的融資は長期固定金利の住宅ローンを、民間銀行は変動を中心とした短期固定金利を主力の商品としています。

 

これは住宅ローンの基本の基本というようなものですが、しっかりと理解しておく必要があります。

 

さらに、一般的な条件として、会社員であれば正社員で勤続年数が3年以上。最終返済時の年齢が満80歳以下であることなどが挙げられますが、金融機関によって異なりますので確認が必要です。融資を受けられるかどうかは、物件の審査なども含めて、総合的に判断されます。

住宅ローンの利用について

家を買うということは、大きな買い物です。
不況が続く今の世の中で、現金一括で家を買う人は少ないことでしょう。
その時に必要になるのが、住宅ローンです。

 

住宅ローンは、選び方が重要になってきます。
住宅ローンの選び方によって、返済額が大幅に変わることもあるのです。
住宅ローンを選ぶときは、計画的に考え自分にあったものを選びましょう。
この大不況の世の中では、失業率が大幅に上がりその結果、政策金利が引き下げられ、低い金利で市場にお金が回るようになりました。
そういったことから住宅ローンを借りる場合の金利もとても低い水準となったのです。
ですが、この不況の状態からすこしでも変わっていくにつれ金利はそれに合わせ少しづつ上がっていくことでしょう。

 

金利が上がることによって、ローンの返済金額も変わります。
住宅を買う前には、金利の状態や動きを見てから
買った方が良いと思われます。
住宅ローンを返済し終わるまでには長い月日と年月がかかります。
なので、開始するにあたり自分にあった計画を前もって立てておきましょう。
基本的には、長期固定型のローンの利用がお勧めです。
住宅ローンの選び方によって人生が変わると言っても過言ではありません。